がん治療最新情報

がん治療最新情報
ようこそ メディカルサポートネット へ
このサイトはがん治療に関しての最新情報を提供し,患者の方やご家族への支援を行うことを目的としています。

  このサイトは最新治療情報を中心として毎月更新される予定です。


   
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
  today 
 
index 青い空と珊瑚礁の海
 
      14.10.11 更新   
           がんの各種治療法
        がん治療と心のケア 
        癌治療と遺伝子検査 
        がん幹細胞とがん治療 
          がんワクチン療法 
          がん最新治療情報 
          免疫細胞療法
          抗がん剤治療 
          放射線治療 
          手術療法 
          がん治療の病院 
          患者の食事と栄養 
          がんの代替療法 
          疼痛と緩和ケア 
          転移と再発の治療
          がん治療Q&A 
          がん検診 
          関連リンク集 
          がん用語集 
          がんの予防 
 スポンサードリンク
   
 
 

   

このサイトへの医療関係の広告を募集
しています。
ご希望があれば下記へご連絡ください。
また,相互リンクも募集中です。

 

 
 
 
部位別がんの症状と治療
                      
 食道がん 胃がん   大腸がん
           

 肝臓がん  胆道がん  膵臓がん
        

 乳がん  子宮がん  卵巣がん

 前立腺がん  腎臓がん  膀胱がん
                       
悪性リンパ腫  白血病 多発性骨髄腫 
                 
 肺がん 咽頭がん  喉頭がん 
                   
 脳腫瘍 甲状腺がん  皮膚がん 

 骨肉腫    

スポンサードリンク 




 

今ならお試しセットをお得な特別価格で
ご提供
 
     
       
  免疫細胞療法とがん免疫治療のすべて
免疫細胞療法など,がん免疫療法を詳しく解説 
  放射線治療の効果と副作用
がんの最新放射線治療のすべてがわかる
       
  肝臓がんの治療  
肝臓がんの治療のすべてがわかる
  がん治療の名医と病院ランキング 
全国のがん治療の名医と実力病院を詳しく紹介
       
  抗がん剤治療と抗がん剤副作用のすべて 
抗がん剤の副作用と最新抗がん剤治療のすべてを紹介
  アンチエイジングのサプリメントと若返り
アンチエイジングに関する最新医療情報
 
       
  大腸がんの治療
大腸がんの治療の最新治療のすべてがわかる 
   
       
 
 
                   
         
    がん治療最新情報−はじめに   

現在日本では,年間に約60万人の人ががんと告知され,約30万人の人ががんで亡くなっています。

がんは日本人の死因の第1位であり,二人に一人はがんで死亡するという時代になっています。

がん治療の医療技術は日進月歩ですが,それでも現代の医療はがんを克服できたというにはほど遠いと言わざるを得ません。 なぜなら進行がんや再発したがんの完治は現在でも厳しい状況にあるからです。

最近ではEBM(evidence based medicine )=科学的根拠に基づく医療 が普及し,様々ながんのガイドラインや標準の治療法が確立されてきており,最も効果が高いとされる治療がどこでも受けられるようになりました。

しかし,現在の時点での標準治療は変化していくものであり,それが後に最良の治療法ではなかったとされる例も数多くあります。

患者の立場としては,医師から提示される治療法をそのまま受け入れるのではなく,まずがんやがん治療に関しての科学的知識を身につけ,ご自分で納得してから治療を受けられることが大切であると考えます。



   

変わりつつあるがん治療の常識


これまで日本のがん治療は長い間,切除手術を第一としてきました。

しかし,がんの種類によっても判断は異なりますが,がんによっては手術以外の治療法がよいのではないかという考え方が,最近では主張されるようになってきています。

たとえば,肺ガンについての診療指針を作成している厚生労働省の研究班は,非小細胞肺ガンの摘出手術とリンパ節郭清について,「早期では,体調の改善や再発を少なくする上でも,推奨するだけの根拠がない。」と指摘し,これまで標準的とされた手術を中心とした治療法に疑問を投げかけています。

末梢にできた肺ガンで,リンパ節転移のないがんを確実に確認することができれば,リンパ節郭清をおこなわない縮小手術でも治癒は可能で,また,体を傷つけない放射線でも治療は可能なはずです。

今後はリンパ節に転移していないがんをいかに選び出すかという検査精度の向上が大切になってくると考えられます。

また,食道ガンの場合は,これまで,喉,胸,腹の三ヵ所を切って腫瘍部分を切除し,胃と残った食道をつなぐという大手術が常識と考えられ,その結果大きなQOL(生活の質)の低下が患者を苦しめることにもなっていました。

しかし,JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)の食道がんグループは,これまでの臨床試験の結果,高度の進行がんには,手術よりも化学放射線療法を選択すべきであり,また,早期のがんでも,この化学放射線療法は,手術に匹敵すると思われる成績が確認されたとしています。

また,厚生労働省の研究班でも「抗がん剤や放射線による治療も有効性があり,標準的な治療になる可能性がある」と発表しています。

すでにアメリカなどでは,放射線と抗がん剤を併用する治療が主流となっています。

さらに,乳ガンの治療も最近では,縮小手術が主流となり,大きく切って治す治療から小さく切って治す治療へ移行しています,今後,乳ガンは切らずに治す治療へと確実に進歩していくと考えられます。

このように,身体への負担が軽い治療法がある場合は,それらも選択肢として十分に考えるべきでしょう。

手術によって延命効果が図れればよいのですが,手術も切除の範囲を誤ったり,その身体的負担が大きすぎると,「腫瘍も命も取ってしまった。」ということになりかねません。

これからのがん治療は,患者さんの苦痛や負担が軽い治療法に間違いなく移行していくと思われます。



   

大切な患者の主体性と基礎知識


ところで,癌治療の話題として,作詞家のなかにし礼氏がご自分の食道がんを陽子線で治療したというニュースはマスコミで大きく取り上げられました。

かれは,外科医の名医から,「あなたの食道がんは,手術で治ります。」と手術をすすめられましたが,ご自分の年齢や体力的な面も考慮し,手術ではなく,陽子線治療を選択したのです。

その結果,陽子線治療は成功し,現在でも元気に活躍していらっしゃいます。もし,名医の言われる通り,手術を選択していたら,おそらく成功はしていたでしょうが,食道の切除によるQOL(生活の質)の低下は避けられなかったでしょう。

このことは患者自身が癌治療の知識を獲得し,自分で主体的に判断することがいかに重要であるかを私達に教えてくれている事例です。

医師から,提示された治療法が,あなたにとって最良の選択肢とは限りません。なぜなら,それぞれの医師には,自分の得意とする専門分野があり,その分野での治療法をすすめるからです。

外科医が「このがんの治療は,手術ではなく,放射線治療でやってみましょう。」と言うことは考えにくいことです。

それゆえ,患者側として,知識を獲得しておくということはとても重要で,知識による判断基準がなければ,医師の言われるままにするしかないでしょう。



    納得した治療を受けるために 

がん治療で大切なことは,結果もさることながら,いかに納得した治療を受けられるかということであり,それがいかに納得した人生をおくれるかということにもつながってくるとも思うのです。

主治医から提示された治療法に納得がいかないのなら,積極的にセカンドオピニオンさらにはサードオピニオンまでも受け,最良の治療法をご自分で選択していただきたいと考えます。

また,標準治療と認められていない治療法でも最新の画期的な治療法はこのサイトで是非知っていただきたいと思います。

このサイトではできるだけ最新の効果があると思われる治療法を紹介していきたいと考えています。このサイトが少しでも皆様の治療選択のお役に立てれば幸いです。

  
       
 
がん治療病院情報

 日本医療機能評価機構        国立病院機構ホームページ      
 病院の評価事業の解説 認定病院  全国の国立病院機構の施設一覧  

がん治療情報
 がん・ガン・癌スーパーリンク     子宮筋腫治療NAVI     胃がんを食事で克服しよう!